大規模公園の漏水調査をしました。

徳島県の公園の漏水調査を実施しました。調査した公園は広大な敷地で、丘陵地の斜面にいろいろな広場が整備されており、水道菅の長さの延長も2 KM程度ありましたが漏水を発見することができました。

1.漏水の状況

公園の管理事務所は水道メーター検針値と請求金額が最近増加傾向であった為に、水道メータを24時間で確認しました。メーターは冬場で水道の利用は少ないにもかかわらず30㎥以上動いており、丘の上の貯水槽に送る揚水ポンプが頻繁に稼働している為に漏水を疑いました。公園内を巡回したが地表では漏水を確認できず、公園の配管図面が古い為に正確な敷設場所が判らない状況でした。

 

漏水により著しい水位低下
公園の貯水槽の水位が漏水により低下しポンプが頻繁に稼働

2.調査方法の選定

公園内には水栓やバルブが少なく、管路の敷設場所が明確ではないので、水道菅の上を調査して漏水音より場所を特定する音聴調査より、トレーサーガスを管内に注入してガス検知器で漏洩場所を探すトレーサー式漏水調査を実施しました。

 

広大な公園で漏水が発生
広大な公園敷地で配管の正確な位置が不明

3.トレーサー式漏水調査

調査では管内の水を排水し、水道菅内にヘリウムガスを充填しました。その後に、ガス検知器で水道菅が敷設されている地表をガス漏洩の調査しました。

 

トレーサー式漏水調査
トレーサーガス(ヘリウム)検知器により漏水箇所を特定

調査の結果は2箇所ので漏洩場所が検知されました。その中で一箇所は構造物の下で漏水の修理がが困難な場所でありました。

 

漏水箇所の発見

6.漏水調査はトクスイに相談ください

今回は配管が2 KM程度ある広大な公園で、配管の敷設場所も曖昧にもかかわらず、2箇所の漏水を発見しました。

漏水調査は熟練した技術者と特殊な探査機器により正確に特定が可能です。漏水にお困りであればトクスイに連絡相談ください。

>>>漏水かな?と思ったら

工場での漏水はどのように発見する?

大手電機メーカーの工場施設の漏水調査をしました。工場の漏水は敷地が広く、工場が稼働している場合などがあり漏水地点の特定は困難です。今回の工場の漏水調査について説明します。

1.漏水の原因と影響

一般的に漏水は配管の老朽化、衝撃による破損、施工欠陥などから発生します。水道管は殆どが地面に埋まっているので、地上に水が噴出してこない限り発見が困難です。発見が遅れると多額な水道料金を払う必要があるだけではなく、地面に空洞ができたり、付近の建物に悪い影響があります。早急に発見して修理する必要があります。

 

工場の漏水調査
工場敷地内の広範囲に配管が敷設されている

2.漏水範囲の特定

工場の施設内の配管は広範囲であるために、まず敷地内の配管をバルブにより区画に分け漏水区画を特定します。この特定調査でバルブ操作と、露出した配管の上にセンサーをあて超音波流量計により流入量が最も多い区間を特定します。

 

工場 漏水調査 バルブ操作
バルブ操作により漏水区間の絞り込み
超音波流量計により漏水区間を特定する(参考)

3.音聴調査

次に漏水区間の配管のバルブや蛇口をすべて漏水時に発生する噴出音がないかを音聴棒という器具で調べます。蛇口やバルブなどに漏水音が発見できたら付近の地面を配管から発生する漏水音を漏水探知機を使って探査します。

 

工場 路面音聴調査
漏水箇所を漏水探知機により特定

4.漏水箇所の特定

漏水探知機で漏水箇所がほぼ特定できたら、次にドリルで地面に穴を開けて音聴棒を差し込んで漏水音を確認しながらピンポイントに漏水箇所を特定します。

 

漏水確認調査
漏水確認調査(参考)

5.漏水発見

今回の調査で、漏水箇所を5箇所発見しました。今回の漏水の3箇所はVP(塩化ビニル)、その他は古いバルブでした。

すべての漏水量は75リットル/分になり、1ヶ月で3,348㎥/月にもなります。この量は、仮に水道料金が1立方メートルあたり300円とすると100万円以上の損失になります。

 

漏水場所
漏水箇所を特定

6.漏水調査はトクスイに相談ください

今回は配管が広範囲な工場の漏水を発見しました。漏水調査は熟練した技術者と特殊な探査機器により正確に特定が可能です。漏水にお困りであればトクスイに連絡相談ください。

>>>漏水かなと?と思ったら

>>>blog  施設内の漏水調査について

 

堺の神社にお参りしました。

堺市で初詣や祈祷に行って参りました。大阪営業所の氏神さまである「百舌八幡宮」、商売の神さまである「堺戎神社」そして「方違神社」です。

1.百舌八幡宮

堺の事務所の氏神様である百舌八幡宮にお参りしました。境内には大阪府の天然記念物に指定されている樹齢約800年の巨大なクスの木が茂っていました。

 

百舌八幡宮の境内は大きなくすの木が茂り雄大です

2.堺戎神社

菅原神社の境内の「堺戎神社」の十日戎にお参りしてきました。南大阪随一の「えべっさん」で当日は商売繁昌や家内安全を願う多くの人で賑わっていました。

 

堺えびす神社の福娘

3.方違神社

堺では方違神社が有名です。方違神社は「方位にまつわる災い」を防ぐ神社として知られます。引越などの人生の転機でのおすすめの神社と言われています。神社では「悪い方角」からの影響を「方違え」といい、「方除け」のご祈祷を頂きました。

 

方違神社の境内

>>>百舌八幡宮のホームページ

>>>菅原神社のホームページ(堺戎神社)

>>>方違神社のホームページ

学校施設で揚水管1kmの漏水調査を実施しました

大阪の学校施設で水道管(揚水管)の口径100mmで距離が約1kmでの0.5リットル/分程度の微量漏水をピンポイントに特定しました。今回は通常の音聴調査では発見が難し為にトレーサー工法を採用しました。

1.学校施設の揚水管でポンプが連続稼働

左手のポンプ場から丘の上の校舎の貯水槽までの約1kmの揚水管で漏水発生

漏水は水道局の水道メーター近くのポンプ室から丘の上の校舎の貯水タンクまでの約1kmの揚水管でした。ポンプが漏水のために連続稼働しているために漏水の可能性があるが、地上に噴出せずに場所が特定できない為に依頼がありました。

1.音聴調査

夜間の路面音聴調査

今回は2段階の方法で調査を実施しました。まず1日目は比較的静かな夜間に1kmの管路上の路面を漏水探知機で音聴しました。しかし漏水量が微量であるために漏水の際に発生する噴出音は確認できませんでした。

2.トレーサー調査

トレーサー工法
ヘリウム検知機(トレーサー工法)による調査

次に2日目は管内部にヘリウムガスを注入して漏水箇所から噴出するガスをヘリウム検知機で検知して漏水箇所を特定するトレーサー工法を実施しました。ヘリウムガスは空気より軽いために、漏水箇所からのガスは真上に出てくるために検知機で漏水箇所の特定が可能です。

今回はヘリウムガスを貯水槽手前から注入しました。管内部に充填するまでに管口径が100mmで1KM程度有るために2時間程度かかりました。

 

漏水場所の特定

管路にヘリウムガスが充填されたのを確認してからヘリウム検知機により1KMの揚水管の上の管路を探索しました。その結果、ポンプ近くでガス検知器が反応がありました。よりピンポイントに確定する為に、ガス濃度が高い場所に地面にドリルで穴を開けて漏水箇所を特定しました。

3.ピンポイントに漏水箇所を特定

漏水箇所を確認

その後、漏水箇所の修理では配管の継手からの漏水で0.5リットル/分程度の微量漏水でした。

4.漏水調査はトクスイに相談ください

今回の調査は1kmという距離で非常に微量な漏水をピンポイントに発見できました。漏水調査は熟練した技術者と特殊な探査機器により正確に特定が可能です。漏水にお困りであればトクスイに連絡相談ください。

>>>トレーサー工法について