全国水道管内カメラ調査協会の第9回総会が広島市で開催されました

令和元年6月21日、広島市で当社の所属する一般社団法人全国水道管内カメラ調査協会(事務局:神戸市中央区 会長:杉戸大作)の第9回総会に出席しました。

会場には来賓として広島市水道局関係者ほか、顧問、専門委員をはじめ正会員、賛助会員など58名が出席しました。

総会では昨年度の事業報告と会計決算、新年度の事業計画および予算案の審議されました。役員改選では新たに3社(株式会社チヨダ 斉藤隆教、株式会社国実水道 國實誠二、株式会社サンスイ 秋山博和)が理事に加わりました。

また、新会員として扶桑建設工業株式会社(本社:高松市 代表:西堀直人) 藤野工業株式会社(本社:大阪府富田林市 代表:藤野正勝)株式会社水みらい広島(本社:広島市中区 代表:三島浩二)の紹介がありました。

最後に専門委員である首都大学東京都市環境学部の國實誉治特任准教授が「管路維持管理における水道管内カメラの活用*」と題して講演がありました。

講演では、これまで実施された水道菅内カメラ調査によって得られた評価結果と、管路に関する情報との関係を統計的な手法を用いて分析について発表がありました。また、管内カメラ調査を水質事故後の調査のみならず、管路診断を目的とした水質事故の予防保全対策として活用するために、管内面診断評価手法の確立を提言されました。

総会の後には懇親会が開催され来賓、会員ともに懇談されました。

 

全国水道菅内カメラ調査協会 第9回総会
総会の様子
全国水道菅内カメラ調査協会 第9回総会 技術講演
國實誉治特任准教授の講演「管路維持管理における水道管内カメラの活用」
全国水道菅内カメラ調査協会 第9回総会 懇親会
懇親会の様子
全国水道菅内カメラ調査協会 第9回総会 杉戸会長
杉戸会長
全国水道菅内カメラ調査協会 第9回総会 2次会
懇親会終了後の会員交流会の様子

>>>*國實誉治(2018)「水道管内カメラ調査による既設管内面の評価分析」平成30年度水道研究発表会

>>>*國實誉治(2019)「管路維持管理における水道管内カメラの活用」令和元年度 全国水道管内カメラ調査協会 講演会資料

>>>一般社団法人全国水道管内カメラ調査協会のHP

第31回全国漏水調査協会の定期総会が開催されました

令和元年6月14日(金)に全国漏水調査協会(事務局:東京都千代田区 会長:古賀一典)の第31回定期総会が東京市ヶ谷で開催されました。

総会ではまず平成31年度に入会の株式会社ウォーターワークス(福岡市)、ヤマトリサーチ株式会社(山形県米沢市)の2社の紹介がありました。

議案では、平成30年度の事業報告・収支決算報告、令和元年度の事業計画・収支予算案の上程がなされました。また、当協会の主要な活動内容の一つである緊急災害時における技術者の派遣に関する災害時応急対応事業についての上程がありました。最後に、任期満了に伴う役員改選が実施され新たな理事が選任されました。

 

第31回全漏協総会の様子

総会後には懇親会が開催され新体制における役員と会員の懇談がなされました。

 

第31回全漏協総会 懇親会 会長あいさつ

 

また、翌日の15日には協会主催の東京湾の視察があり、東京オリンピック開催に向けて開発により変貌する東京湾を船上から視察しました。

第31回全漏協総会 東京湾臨海部視察会 お台場を望む

令和元年度 全国漏水調査協会新役員

会 長 古賀一典 株式会社ライフライン
副会長 秋山博和 株式会社サンスイ
理 事 築山邦弘 株式会社コスモリサーチ
理 事 滝本佳範 株式会社トクスイ
理 事 佐藤 亘 株式会社ウォーターサポート
監 事 小東雅彦 株式会社サンリーク
監 事 工藤 清 株式会社西日本水道センター

>>>令和元年度全国漏水調査協会会員名簿

全国漏水調査協会の災害協定に関する記事

>>>平成30年9月14日 埼玉県三郷市が災害協定を締結
>>>平成28年10月25日 熊本市の地震災害時の技術員の派遣協定について

全国漏水調査協会

〒102-0074
東京都千代田区九段南3丁目9番11号マートルコート麹町1002号
TEL:03-5275-3680 FAX:03-5275-4977
EMAIL:info@zenroukyou.jp

>>全国漏水調査協会ホームページ

サーフィンの季節がやってきました

さて、サーフィンの季節がやってきました。徳島は阿波踊りが有名ですが、サーフィンも有名です。北は鳴門、小松海岸から宍喰、海部、生見海岸とサーフィンが堪能できます。徳島県出身のプロサーファーも多数います。サーフィンを始めてみてはいかがですか。

 

徳島市小松海岸
高知県生見海岸

>>>徳島県サーフィン連盟