台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます

このたびの台風19号により、被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

1日も早い復旧と被災された皆様の生活が1日も早く平穏に戻られますことを心よりお祈り申し上げます。

株式会社トクスイ 代表取締役 滝本佳範
取締役 石井佳宜
取締役 天羽生哉士

令和元年10月13日

暑中お見舞い申し上げます

立秋の候 ますますご健勝のこととお慶び申し上げます 。日頃は何かとご高配を賜り誠にありがとうございます。時節柄くれぐれもご自愛専一にご活躍のほどお祈り申し上げます。

株式会社トクスイ 代表取締役 滝本佳範
取締役 石井佳宜
取締役 天羽生哉士
社員一同

令和元年8月

 

徳島県阿南市蒲生田岬
眉山山頂から徳島市内を望む

ところで、今年は阿波踊りが12日から15日まで4日間で無事開催されます。参加される踊り子や観光の方々は熱中症に十分注意したいですね。

>>>写真 阿波おどり実行委員会公式ウェブサイトより転載

 

全国漏水調査協会とは

■全国漏水調査協会とは

全国漏水調査技術協会と漏水調査協力会の2団体が合併して昭和63年9月に設立しました。当時は漏水調査の技術者が不足していたことから会員会社の技術者育成を重点的に取り組みました。長年にわたり漏水調査に関する専門集団として、水道管路の適切な維持管理や、有収率の向上に貢献してきました。

効率的な漏水調査には、熟練した水道技術者の育成・確保が最も重要な取り組みとなることから、漏水調査技術者の教育認定制度の確立に協会発足当時から取り組んでいます。

また自治体のニーズに応じて「漏水調査積算資料」や「漏水調査工法説明書」を作成するなど多面的な取り組みを行っている。

■漏水調査技術者の教育・技術認定制度の確立

信頼される業務執行を目指し、会員企業の従事者の生涯教育として資格試験を実施し、合格者には認定証を付与し更新時には講習会を義務付けるなど、協会創設時から継続的に人材育成を図り認定者制度を確立し、技術の資質向上を図っています。

■漏水調査に関する資料の配布

漏水調査調査の既成工法を整理して統一化した「漏水調査工法説明書*1 」を平成30年4月に改訂し、国内の水道事業所に配布し活用頂いている。また信用される漏水調査の確立を図るために、「漏水調査積算資料*2 」を作成し国内の全水道事業体に配布している。事業体の要望や社会環境の変化、技術の変化などを踏まえて随時改訂を行っています。

■漏水調査に関する新工法の開発

これまでも各事業体における管路状況を見極め実態に合った工法・機器を研究・開発を進めています。

■全国漏水調査協会 概要

【所在地】

東京都千代田区九段南3丁目9番11号マートルコート麹町1002号
TEL:03-5275-3680  FAX:03-5275-4977
Eメール:info@zenroukyou.jp

【設 立】

昭和63年9月1日

【目 的】

水道管路の維持管理、充実に寄与し、併せて、漏水調査業の健全な発展を図ることを目的としています。

【役 員】

[会 長] 古賀一典(株式会社ライフライン/代表取締役)
[副会長] 秋山博和(株式会社サンスイ/代表取締役)
[理 事] 築山邦弘(株式会社コスモリサーチ/代表取締役)
[理 事] 滝本佳範 (株式会社トクスイ/代表取締役)
[理 事] 佐藤 亘 (株式会社ウォーターサポート/代表取締役)
[監 事] 小東雅彦(株式会社サンリーク/代表取締役)
[監 事] 工藤 清 (株式会社西日本水道センター/代表取締役)

■関連資料等

>>>*1 漏水調査工法説明書(改訂版)
>>>*2漏水調査積算資料(標準工法)
>>>*2 全国漏水調査協会 積算資料(応用工法)

>>>過去ブログ「第31回全国漏水調査協会の定期総会が開催
>>>過去ブログ「埼玉県三郷市が災害協定を締結

>>>全国漏水調査協会 ホームページ

*水道産業新聞 一部抜粋参照

全国水道管内カメラ調査協会の第9回総会が広島市で開催されました

令和元年6月21日、広島市で当社の所属する一般社団法人全国水道管内カメラ調査協会(事務局:神戸市中央区 会長:杉戸大作)の第9回総会に出席しました。

会場には来賓として広島市水道局関係者ほか、顧問、専門委員をはじめ正会員、賛助会員など58名が出席しました。

総会では昨年度の事業報告と会計決算、新年度の事業計画および予算案の審議されました。役員改選では新たに3社(株式会社チヨダ 斉藤隆教、株式会社国実水道 國實誠二、株式会社サンスイ 秋山博和)が理事に加わりました。

また、新会員として扶桑建設工業株式会社(本社:高松市 代表:西堀直人) 藤野工業株式会社(本社:大阪府富田林市 代表:藤野正勝)株式会社水みらい広島(本社:広島市中区 代表:三島浩二)の紹介がありました。

最後に専門委員である首都大学東京都市環境学部の國實誉治特任准教授が「管路維持管理における水道管内カメラの活用*」と題して講演がありました。

講演では、これまで実施された水道菅内カメラ調査によって得られた評価結果と、管路に関する情報との関係を統計的な手法を用いて分析について発表がありました。また、管内カメラ調査を水質事故後の調査のみならず、管路診断を目的とした水質事故の予防保全対策として活用するために、管内面診断評価手法の確立を提言されました。

総会の後には懇親会が開催され来賓、会員ともに懇談されました。

 

全国水道菅内カメラ調査協会 第9回総会
総会の様子
全国水道菅内カメラ調査協会 第9回総会 技術講演
國實誉治特任准教授の講演「管路維持管理における水道管内カメラの活用」
全国水道菅内カメラ調査協会 第9回総会 懇親会
懇親会の様子
全国水道菅内カメラ調査協会 第9回総会 杉戸会長
杉戸会長
全国水道菅内カメラ調査協会 第9回総会 2次会
懇親会終了後の会員交流会の様子

>>>*國實誉治(2018)「水道管内カメラ調査による既設管内面の評価分析」平成30年度水道研究発表会

>>>*國實誉治(2019)「管路維持管理における水道管内カメラの活用」令和元年度 全国水道管内カメラ調査協会 講演会資料

>>>一般社団法人全国水道管内カメラ調査協会のHP

第31回全国漏水調査協会の定期総会が開催されました

令和元年6月14日(金)に全国漏水調査協会(事務局:東京都千代田区 会長:古賀一典)の第31回定期総会が東京市ヶ谷で開催されました。

総会ではまず平成31年度に入会の株式会社ウォーターワークス(福岡市)、ヤマトリサーチ株式会社(山形県米沢市)の2社の紹介がありました。

議案では、平成30年度の事業報告・収支決算報告、令和元年度の事業計画・収支予算案の上程がなされました。また、当協会の主要な活動内容の一つである緊急災害時における技術者の派遣に関する災害時応急対応事業についての上程がありました。最後に、任期満了に伴う役員改選が実施され新たな理事が選任されました。

 

第31回全漏協総会の様子

総会後には懇親会が開催され新体制における役員と会員の懇談がなされました。

 

第31回全漏協総会 懇親会 会長あいさつ

 

また、翌日の15日には協会主催の東京湾の視察があり、東京オリンピック開催に向けて開発により変貌する東京湾を船上から視察しました。

第31回全漏協総会 東京湾臨海部視察会 お台場を望む

令和元年度 全国漏水調査協会新役員

会 長 古賀一典 株式会社ライフライン
副会長 秋山博和 株式会社サンスイ
理 事 築山邦弘 株式会社コスモリサーチ
理 事 滝本佳範 株式会社トクスイ
理 事 佐藤 亘 株式会社ウォーターサポート
監 事 小東雅彦 株式会社サンリーク
監 事 工藤 清 株式会社西日本水道センター

>>>令和元年度全国漏水調査協会会員名簿

全国漏水調査協会の災害協定に関する記事

>>>平成30年9月14日 埼玉県三郷市が災害協定を締結
>>>平成28年10月25日 熊本市の地震災害時の技術員の派遣協定について

全国漏水調査協会

〒102-0074
東京都千代田区九段南3丁目9番11号マートルコート麹町1002号
TEL:03-5275-3680 FAX:03-5275-4977
EMAIL:info@zenroukyou.jp

>>全国漏水調査協会ホームページ

サーフィンの季節がやってきました

さて、サーフィンの季節がやってきました。徳島は阿波踊りが有名ですが、サーフィンも有名です。北は鳴門、小松海岸から宍喰、海部、生見海岸とサーフィンが堪能できます。徳島県出身のプロサーファーも多数います。サーフィンを始めてみてはいかがですか。

 

徳島市小松海岸
高知県生見海岸

>>>徳島県サーフィン連盟

地域水道支援センターの第13回総会に参加しました

令和元年5月25日(土)に特定非営利活動法人地域水道支援センター(事務局:東京都町田市 理事長:保屋野初子 以下、CWSCとする)の第13回通常総会に出席しました。

CWSCとは地域の中小規模水道を中心に、簡素で適正な水道技術や維持管理・運営に関する支援事業を行い、その地域の水道を地域住民が中心となり維持管理することを支援し、市民とともに地域水道の歴史や現状を学び、将来のあり方を提案し、住民福祉の向上に寄与することを目的とする団体です。

CWSC第13回総会の様子
総会

総会では、平成30年度事業報告・決算、令和元年度事業計画・予算案について審議され、承認されました。また、今年度実施の秩父での緩速ろ過セミナーについての報告、来年度のセミナーの開催委員会のメンバーの選出が行われました。

CWSC第13回総会での公開セミナー
瀬野守史理事の講演

その後、瀬野守史理事より「粗ろ過・緩速ろ過の小規模施設での共同研究からわかってきたこと」の表題で講演がありました。

講演ではCWSCが2017年度より岩手県花巻市において、沢水を原水とする小又浄水場で粗ろ過による前処理と緩速ろ過を組み合わせた浄水施設を設置し、岩手中部水道企業団との共同研究を行っています。今回は上水施設がどこまで濁り、色度、そして一般細菌に対応できるのかを、実証試験の最新の成果の報告がありました。

CWSCの軽音楽部によるアコースティック楽器演奏
CWSCの軽音楽部によるアコースティック楽器演奏

最後にCWSCの軽音楽部によるアコースティック楽器演奏があり会場は大いに盛り上がりました。

CWSC第13回情報交換会
情報交換会

また17時からは情報交換会があり会員が交流されました。

>>>特定非営利活動法人地域水道支援センターのHP
>>>「安全でおいしい水」の普及で「日本水大賞・国際貢献賞」を受賞: JICA専門家・中本信忠 信州大学名誉教授

水道菅内カメラ調査技能講習会を受講致しました

令和元年5月24日(金)、弊社社員2名が(一社)全国水道管内カメラ調査協会主催の「協会認定カメラ技能講習会」を受講致しました。

管内カメラ調査とは、専用の内視鏡カメラ装置を用いて水道管内の状況を映像で確認し、録画・記録したものを分析・報告する業務のことを指します。

主に管内の錆の状態や内面付着物、内面防食塗膜状況、堆積物、浮遊物、弁の状態、曲管や分岐箇所及び穿孔箇所の位置や状態、継手の胴付け間隔などを調査します。

今回会場となった大阪市水道局体験型研修センターは、取水から浄水管理、給水に至る水道の総合的な運営を習得できる教育訓練施設で、配管工事や漏水調査等の研修を実際の施工現場に即して行うことができます。

技術講習会

午前は施設セミナー棟にて協会所属の講師3名による講義が行われました。
まず、岡正専門委員が水道事業について概説し、続いて下村啓之技術委員(東芝テリー)がカメラ調査に用いるルミナスカメラの技術解説、最後に藤原泰則技術委員(日本水機調査)がカメラ調査の目的・効用や手順、留意点を解説しました。岡委員は水道事業の現状と将来的な問題として、

○需要の低下(人口減少や大口施設の自家水転換など)
○老朽施設の増加(高度成長期に整備された管路の経年劣化)
○運営基盤の問題(上記の理由による減収や更新費用の増大)
○維持管理の難しさ(職員の減少・高齢化、災害リスクなど)

を挙げ、今後水道施設の維持管理に携わる技術者に期待される役割の重要性を説明しました。

下村委員はルミナスカメラ(NH-40)の特徴として、画像記録機能付の液晶モニタとケーブルドラムが一体となっており、軽量で持ち運びが容易であること、自動水平機能によりカメラ映像の天地判別が容易であることなどを説明しました。

藤原委員は実際の調査に基づく留意点として、主に現場下見の重要性(弁体の確認など)や調査時に復路の映像を残すこと(付着物が剥離した状態の確認)、安全の確保や衛生の保持について解説しました。

実技講習会

午後は研修センター給水施設棟にて実技講習が行われました。
実習では3班に分かれ、1名ずつ管内カメラ装置の組立て、装置の消毒、カメラの挿入、映像データの保存まで行いました。実際に弁体の段差等をスムーズに通過させるには、挿入装置の操作の熟練が必要であることが理解できました。

 

管内カメラ調査協会技能講習会 研修状況

■講習会場

大阪市水道局体験型研修センター(大阪市東淀川区柴島3丁目11ー94)

■受講者

株式会社ウォーターサポート、カワナベ工業株式会社、株式会社サンスイ、大成機工株式会社、東北企業株式会社、株式会社トクスイ、藤野興業株式会社、扶桑建設工業株式会社

■技術指導

株式会社国実水道、大成機工株式会社、日本水機調査株式会社

■座学講師

  • 岡正専門委員(日本水道協会)「水道事業について」
  • 下村啓之技術委員(東芝テリー)「ルミナスカメラについて」
  • 藤原泰則技術委員(日本水機調査)「カメラ調査の概要、留意点」

>>一般社団法人全国管内カメラ調査協会

徳島ウォーターサービス協同組合のHPが開設されました

徳島ウォーターサービス共同組合(以下、TWSとする)のホームページが開設されました。TWSは徳島県内の水道関連企業により構成されており、水づくりを通して、豊かな徳島の実現を、水道関係者と地域住民と共に目指すものです。

TWSの事業活動は主に3つあり、一つは水道関連事業、次に技術者の育成、最後に水環境の保全活動や啓蒙活動です。

徳島ウォーターサービス協同組合 概要

名 称:徳島ウォーターサービス協同組合
所在地:〒771–0137 徳島県徳島市川内町平石若宮8番地7号
連絡先:TEL.088-679-7188 FAX.088-679-7288
代表理事:滝本佳範
理  事:勝浦洋巳
理  事:多田武
理  事:蜂須賀敬治
監  事:堀口正浩

>>>徳島ウォーターサービス協同組合

漏水調査研修会が開催されました

当社の所属する日本漏水調査システム協会(事務局:徳島市、会長:新垣光勇)(以下、NRS協会)が漏水調査研修会を技術研修センター(徳島県徳島市川内町平石若宮8番地7号)にて平成31年4月16、17日及び23、24日の2回開催されました。今回の研修会には四国内外の自治体職員と協会の会員技術者が参加されました。

 

研修会の様子①
研修会の様子②

研修会は水道事業における重要な課題である漏水防止について、水道維持管理業務に従事されている技術者に漏水防止に関する概論や、漏水を擬似的に発生させた研修センター内のトレーニングフィールドにおいて最新の漏水探知機器を使いながら資質の向上を目的に開催されました。

研修会で当社は漏水探知機を用いた調査の指導員として研修に従事を致しました。

 

NRS協会の懇親会の様子

4月24日の研修会の後にNRS協会の定時総会開催され、平成30年度決算及び令和元年の予算等か審議可決されました。その後に徳島市内の懇親会で理事、会員が懇談しました。