農業用水の管内カメラ調査とは?

徳島県内で農業水利施設でのストックマネジメントの一環として管内カメラ調査を実施しました。

近年、耐用年数を迎える農業用水利施設の数は急増して更新が必要になっています。しかし、近年の国や地方公共団体等の財政が逼迫しており、限られた予算では、耐用年数に達する基幹水利施設のすべてを更新していくことが困難です。

ストックマネジメント

そのような背景に、最近は補修・補強等により施設を長寿命化させ、総費用を低減させることを目的として「ストックマネジメント」という手法を導入しています。

一般的に「ストックマネジメント」とは、農業用施設の点検診断による補修を通じて、施設の有効活用や長期利用による、全体的なコストを低減する技術や管理手法です。

管内面調査を実施

今回はストックマネジメント手法における農業用水管路の機能診断調査として管内カメラ調査を実施しました。

調査では、管体のひび割れ、たわみ状況及び継手間隔、また、ダクタイル鋳鉄管、鋼製異形管にあっては塗装・腐食、錆状況といった調査項目を確認することができます。今回は内視鏡カメラと自走式カメラによる調査を実施しました。

●管内視鏡カメラ調査

管内部に水があったり、人間または自走式カメラが進入できない箇所では、空気弁の下などに設置されているボール式補修弁からカメラケーブルを押し込んで内視鏡カメラを管内に挿入します。

管内部のシールコート、鉄錆、砂等の夾雑物の存在状況、スケールの付着状況、塗装やライニングの劣化状況、管接合部や異形管内面の腐食状況、バルブ弁体部の状況等が容易に調査、把握できます。

 

内視鏡カメラの調査状況
内視鏡カメラの調査状況
管内の状況
管内の状況

>>>過去blog 水道菅内不断水カメラ調査について

●自走式管内カメラ調査

口径が800mm以下で、管内に人間が入ることができない管路には自走式のカメラで調査しました。この調査では堆積物の有無や堆積状況、継手の接合状態の確認、管内部のひび割れ状況、管扁平率などを測定しました。

 

自走式カメラの組立及び設置状況
自走式カメラの組立及び設置状況
自走式カメラの制御状況
自走式カメラの制御状況
管内の撮影状況

>>>自走式管内カメラ調査システム資料

>>>農林水産省HP「農業水利施設のストックマネジメント

 

 

プール循環配管での漏水調査を実施

プールの循環配管で漏水調査を実施しました。プールが1日20トンほど水位が低下し、プール水の循環配管内部での漏水の可能性がある為に依頼がありました。

トレーサー調査を実施

ヘリウム注入口及び止水プラグ
気密確保に風船型の止水プラグを使用して同バイパスからヘリウムを注入

漏水調査はプールの側部のろ過循環水の吸水口からポンプ手前の約50メートル程度でした。配管が塩化ビニル管で口径200mmでした。

プールの循環配管は水圧が低く漏水の噴出音が発生しないために漏水探知機を用いた音聴工法はできません。今回は配管内部にヘリウムガスを充填してトレーサー調査を採用しました。

気密確保に止水プラグ

トレーサー調査
ヘリウム検知器による探索

プールの吸入口に風船型プラグを挿入して気密を確保して、配管内部にヘリウムガスを充填しました。

ヘリウムガスが管路に充填されたのを確認後、ヘリウム検知器で配管の破損部分がら漏れ出すヘリウムガスを探索しました。

最終的にプールサイド近くで反応があり漏水箇所を特定しました。今回の漏水箇所は図面上で確認したところは配管継手の可能性があります。

漏水調査はトクスイに相談ください

今回は通常の音聴調査では難しい循環配管をトレーサーガスにより漏水を発見しました。漏水調査は熟練した技術者と特殊な探査機器により正確に特定が可能です。漏水にお困りであればトクスイに連絡相談ください。

>>>blog トレーサー工法について

>>>blog  漏水の特定方法について

学校施設で揚水管1kmの漏水調査を実施しました

大阪の学校施設で水道管(揚水管)の口径100mmで距離が約1kmでの0.5リットル/分程度の微量漏水をピンポイントに特定しました。今回は通常の音聴調査では発見が難し為にトレーサー工法を採用しました。

1.学校施設の揚水管でポンプが連続稼働

左手のポンプ場から丘の上の校舎の貯水槽までの約1kmの揚水管で漏水発生

漏水は水道局の水道メーター近くのポンプ室から丘の上の校舎の貯水タンクまでの約1kmの揚水管でした。ポンプが漏水のために連続稼働しているために漏水の可能性があるが、地上に噴出せずに場所が特定できない為に依頼がありました。

1.音聴調査

夜間の路面音聴調査

今回は2段階の方法で調査を実施しました。まず1日目は比較的静かな夜間に1kmの管路上の路面を漏水探知機で音聴しました。しかし漏水量が微量であるために漏水の際に発生する噴出音は確認できませんでした。

2.トレーサー調査

トレーサー工法
ヘリウム検知機(トレーサー工法)による調査

次に2日目は管内部にヘリウムガスを注入して漏水箇所から噴出するガスをヘリウム検知機で検知して漏水箇所を特定するトレーサー工法を実施しました。ヘリウムガスは空気より軽いために、漏水箇所からのガスは真上に出てくるために検知機で漏水箇所の特定が可能です。

今回はヘリウムガスを貯水槽手前から注入しました。管内部に充填するまでに管口径が100mmで1KM程度有るために2時間程度かかりました。

 

漏水場所の特定

管路にヘリウムガスが充填されたのを確認してからヘリウム検知機により1KMの揚水管の上の管路を探索しました。その結果、ポンプ近くでガス検知器が反応がありました。よりピンポイントに確定する為に、ガス濃度が高い場所に地面にドリルで穴を開けて漏水箇所を特定しました。

3.ピンポイントに漏水箇所を特定

漏水箇所を確認

その後、漏水箇所の修理では配管の継手からの漏水で0.5リットル/分程度の微量漏水でした。

4.漏水調査はトクスイに相談ください

今回の調査は1kmという距離で非常に微量な漏水をピンポイントに発見できました。漏水調査は熟練した技術者と特殊な探査機器により正確に特定が可能です。漏水にお困りであればトクスイに連絡相談ください。

>>>トレーサー工法について