全国漏水調査協会とは

■全国漏水調査協会とは

全国漏水調査技術協会と漏水調査協力会の2団体が合併して昭和63年9月に設立しました。当時は漏水調査の技術者が不足していたことから会員会社の技術者育成を重点的に取り組みました。長年にわたり漏水調査に関する専門集団として、水道管路の適切な維持管理や、有収率の向上に貢献してきました。

効率的な漏水調査には、熟練した水道技術者の育成・確保が最も重要な取り組みとなることから、漏水調査技術者の教育認定制度の確立に協会発足当時から取り組んでいます。

また自治体のニーズに応じて「漏水調査積算資料」や「漏水調査工法説明書」を作成するなど多面的な取り組みを行っている。

■漏水調査技術者の教育・技術認定制度の確立

信頼される業務執行を目指し、会員企業の従事者の生涯教育として資格試験を実施し、合格者には認定証を付与し更新時には講習会を義務付けるなど、協会創設時から継続的に人材育成を図り認定者制度を確立し、技術の資質向上を図っています。

■漏水調査に関する資料の配布

漏水調査調査の既成工法を整理して統一化した「漏水調査工法説明書*1 」を平成30年4月に改訂し、国内の水道事業所に配布し活用頂いている。また信用される漏水調査の確立を図るために、「漏水調査積算資料*2 」を作成し国内の全水道事業体に配布している。事業体の要望や社会環境の変化、技術の変化などを踏まえて随時改訂を行っています。

■漏水調査に関する新工法の開発

これまでも各事業体における管路状況を見極め実態に合った工法・機器を研究・開発を進めています。

■全国漏水調査協会 概要

【所在地】

東京都千代田区九段南3丁目9番11号マートルコート麹町1002号
TEL:03-5275-3680  FAX:03-5275-4977
Eメール:info@zenroukyou.jp

【設 立】

昭和63年9月1日

【目 的】

水道管路の維持管理、充実に寄与し、併せて、漏水調査業の健全な発展を図ることを目的としています。

【役 員】

[会 長] 古賀一典(株式会社ライフライン/代表取締役)
[副会長] 秋山博和(株式会社サンスイ/代表取締役)
[理 事] 築山邦弘(株式会社コスモリサーチ/代表取締役)
[理 事] 滝本佳範 (株式会社トクスイ/代表取締役)
[理 事] 佐藤 亘 (株式会社ウォーターサポート/代表取締役)
[監 事] 小東雅彦(株式会社サンリーク/代表取締役)
[監 事] 工藤 清 (株式会社西日本水道センター/代表取締役)

■関連資料等

>>>*1 漏水調査工法説明書(改訂版)
>>>*2漏水調査積算資料(標準工法)
>>>*2 全国漏水調査協会 積算資料(応用工法)

>>>過去ブログ「第31回全国漏水調査協会の定期総会が開催
>>>過去ブログ「埼玉県三郷市が災害協定を締結

>>>全国漏水調査協会 ホームページ

*水道産業新聞 一部抜粋参照

第31回全国漏水調査協会の定期総会が開催されました

令和元年6月14日(金)に全国漏水調査協会(事務局:東京都千代田区 会長:古賀一典)の第31回定期総会が東京市ヶ谷で開催されました。

総会ではまず平成31年度に入会の株式会社ウォーターワークス(福岡市)、ヤマトリサーチ株式会社(山形県米沢市)の2社の紹介がありました。

議案では、平成30年度の事業報告・収支決算報告、令和元年度の事業計画・収支予算案の上程がなされました。また、当協会の主要な活動内容の一つである緊急災害時における技術者の派遣に関する災害時応急対応事業についての上程がありました。最後に、任期満了に伴う役員改選が実施され新たな理事が選任されました。

 

第31回全漏協総会の様子

総会後には懇親会が開催され新体制における役員と会員の懇談がなされました。

 

第31回全漏協総会 懇親会 会長あいさつ

 

また、翌日の15日には協会主催の東京湾の視察があり、東京オリンピック開催に向けて開発により変貌する東京湾を船上から視察しました。

第31回全漏協総会 東京湾臨海部視察会 お台場を望む

令和元年度 全国漏水調査協会新役員

会 長 古賀一典 株式会社ライフライン
副会長 秋山博和 株式会社サンスイ
理 事 築山邦弘 株式会社コスモリサーチ
理 事 滝本佳範 株式会社トクスイ
理 事 佐藤 亘 株式会社ウォーターサポート
監 事 小東雅彦 株式会社サンリーク
監 事 工藤 清 株式会社西日本水道センター

>>>令和元年度全国漏水調査協会会員名簿

全国漏水調査協会の災害協定に関する記事

>>>平成30年9月14日 埼玉県三郷市が災害協定を締結
>>>平成28年10月25日 熊本市の地震災害時の技術員の派遣協定について

全国漏水調査協会

〒102-0074
東京都千代田区九段南3丁目9番11号マートルコート麹町1002号
TEL:03-5275-3680 FAX:03-5275-4977
EMAIL:info@zenroukyou.jp

>>全国漏水調査協会ホームページ

全国漏水調査協会が三郷市と災害協定を提携

平成30年9月14日に当社の所属する全国漏水調査協会(事務局:東京千代田区 会長:古賀一典)と埼玉県三郷市(みさとし)が「災害時等における漏水調査技術員の派遣に関する協定」を締結しました。

この協定は、三郷市が管理する水道管路施設の応急復旧に必要となる漏水調査作業を効率的かつ迅速に行うことを目的とし、災害時等に三郷市の要請に基づき、全国漏水調査協会が漏水調査技術員を派遣するものです。三郷市役所にて調印式を行いました。

全国漏水調査協会

〒102-0074
東京都千代田区九段南3丁目9番11号マートルコート麹町1002号
TEL:03-5275-3680 FAX:03-5275-4977
EMAIL:info@zenroukyou.jp

>>全国漏水調査協会ホームページ
>>熊本市の地震災害時の漏水調査技術員の派遣協定について

 

全国漏水調査協会の第30回定期総会が開催されました

平成30年6月15日に東京の市ヶ谷にて全国漏水調査協会【代表:古賀一典 事務局:東京都千代田区】の第30回定期総会が開催されました。

全国漏水調査協会は、上水道管路の維持管理、充実に寄与し、併せて漏水調査業の健全な発展を図ることを目的としています。

定期総会では平成29年事業報告・収支決算報告と平成30年度事業計画・収支計画案が上程され、審議・承認されました。

 

全国漏水調査協会 第30回定期総会 会場
全国漏水調査協会 第30回定期総会

総会終了後には30周年記念パーティーが開催されました。パーティーでは日本水道協会から工務部長代理、日本水道工業団体連合会の業務部長が来賓として臨席がありました。今回は30周年という節目を祝い、今後の当協会と会員の更なる発展と活躍を願い、各会員が懇談されました。

 

全国漏水調査協会 30周年記念パーティー 会長挨拶
全国漏水調査協会 30周年記念パーティー 会長挨拶

翌日には協会主催の施設見学会あり、築地本願寺と移転する前の最後の築地市場の見学してきました。場内は、業者さんが小型特殊自動車やトラックに乗って忙しく行き交い、また買い物客や観光客であふれる活気ある市場を体感してきました。

全国漏水調査協会 平成30年度視察会 築地本願寺
全国漏水調査協会 平成30年度視察会 築地本願寺
全国漏水調査協会 平成30年度視察会 築地市場 仲卸市場
全国漏水調査協会 平成30年度視察会 築地市場 仲卸市場
全国漏水調査協会 平成30年度視察会 築地市場
全国漏水調査協会 平成30年度視察会 築地市場

>>>全国漏水調査協会 HP
>>>水道産業新聞 2018年6月11日「~有収率の維持・向上に貢献~全国漏水調査協会が設立30周年 さらなる飛躍へ」

 

水道産業新聞に当社の所属する「全国漏水調査協会」の設立30周年記事が掲載されました

水道産業新聞 2018年6月11日に当社の所属する「全国漏水調査協会」の設立30周年記事が掲載されました。

>>>全国漏水調査協会 HP
>>>水道産業新聞 2018年6月11日「~有収率の維持・向上に貢献~全国漏水調査協会が設立30周年 さらなる飛躍へ」

 

全国漏水調査協会の総会が開催されました

6月9日に東京の市ヶ谷で当社の所属する全国漏水調査協会の総会が開催されました。

総会では前年度の事業報告と今年度の事業計画が審議されました。また、築山会長が4年の任期を終え今年度から古賀一典(㈱ライフライン)が新会長に今若博行(㈱西日本水道センター)が副会長に選任されました。

会員動向につきまして正会員3社(ジオサーチ㈱、㈱折本設備、㈱ウォーターサポート)と賛助会員1社(フジテコム㈱)の新規会員と2社の退会があり会員総数は23社となりました。

翌日には東京都水道歴史館(文京区本郷2-7-1)を見学し東京都の江戸時代から現代までの、江戸・東京の水道の歴史知ることができました。その後に水戸黄門ゆかりの名園で国の特別史跡及び特別名勝に指定されている小石川後楽園を散策しました。

 

総会の模様
総会の模様
東京都水道歴史観の見学
東京都水道歴史観の見学

 

>>>全国漏水調査協会