身元保証等高齢者サポートサービスの利用に関する基盤整備について

少子高齢化が進み、高齢者の単身世帯が増加していることを背景に、主に一人暮らしの高齢者などを対象とした、身元保証や日常生活支援、死後事務等に関するサービスを提供する「身元保証等高齢者サポート事業」が生まれています。

当社が徳島県と淡路島で参画する『一般社団法人献身会』はこのような「身元保証高齢者サポートサービス」を提供しております。

これからは地域包括ケアシステム(*1)の構築に向けて、こうした公的介護保険外サービスの必要性は、今後一層高まっていくことが見込まれています。

一方で、このような介護保険外サービスには指導監督に当たる行政機関が必ずしも明らかではなく、また、利用者からの苦情についてもほとんど把握されていませんでした。

近年は身元保証等高齢者サポート事業において消費者被害(*2)が発生しており、安心して公的介護保険外サービスを利用できるようにするための国の基盤整備が重要になってきています。

よって、その一貫として厚生労働省では「身元保証等高齢者サポート事業に関する調査(*3)」が実施され、内閣府消費者庁では「身元保証等高齢者サポートサービスの利用に関する留意事項について」(*4)」として、事業者および利用者の実態把握を行うとともに、利用を検討する高齢者向けのポイント集が作成されました。

 

*1>> 厚生労働省 地域包括ケアシステム

*2>> 読売新聞 「日本ライフ協会」破綻~おひとりさま、身元保証はだれに頼めば…

*2>>クローズアップ現代「おひとりさまピンチ!身元保証人がいない」

*3>> 厚生労働省 老健局 高齢者支援課・振興課 地域包括ケアシステムの構築に向けた公的介護保険外サービスの質の向上を図るための支援のあり方に関する調査研究事業

*4>> 内閣府消費者庁消費者政策課  身元保証等高齢者サポートサービスの利用に関する留意事項について

>>厚生労働省 老健局 振興課  保険外サービスの更なる普及促進に向けた課題と平成29年度における対応

>>一般社団法人献身会ホームページ

第16回シニア住宅相談員の定例交流勉強会に参加しました

平成30年12月3日に大阪谷町四丁目の中国料理 湖陽樹で第16回シニア住宅相談員協会の定例交流勉強会に参加しました。

本日は「介護人材不足に打開策はあるのか ~今、事業者が最優先で取り組むべきことは」のテーマで人材育成・管理のエキスパートである平栗 潤一 氏(株式会社コンソーシアムジャパン 代表取締役)から講演を頂きました。講演では絶対的な労働人口が不足し、各業界間で人材の争奪戦が行われている現状と介護業界が取り組むべき課題について説明がありました。

 

平栗潤一講演
平栗 潤一 氏の講演

介護業界は低賃金、過酷な労働など厳しい労働条件が指摘されイメージが良くない一方で、「高齢者の夢を実現する仕事、本当に困っている人を助けるために、本当に感謝される」などやりがいが多い仕事でもあります。

講演では介護事業者は労働条件などを地道に改善し、現場の声(やりがい、感謝の声)や事業者の取り組みなどをソーシャルネットワークなどを積極的に活用して幅広く発信することが重要であるということでした。講演後は様々な福祉に関わる様々な人と意見交換ができて有意義な時間を過ごしました。

>>シニア住宅相談員協会ホームページ
>>株式会社コンソーシアムジャパン

 

献身会が<住まい×介護×医療展2018in関西>にてブースを出展しました

一般社団法人献身会が2018年10月11、12日にインテックス大阪で開催されました「住まい×介護×医療展2018 in関西」にてリサイクルジャパングループ株式会社と協賛でブース出展しました。

開催期間中、多くの介護・医療関係者の方々にお立ち寄りいただき、身元保証支援事業についてご説明をさせていただきました。

>>一般社団法人献身会HP

>>リサイクルジャパングループ

(*写真は献身会HPより抜粋)

第2回徳島県地域包括ケアシステム学会に参加しました

平成30年8月26日に徳島大学蔵本キャンパス 大塚講堂で第2回徳島県地域包括ケアシステム学会の学術集会が開催されました。

この学会は、徳島大学病院が中心に県行政機関をはじめ県内の医療・介護・福祉関連の団体・個人、現在 1,670 名を超える団体・個人が参加する学会です。

当社は一般社団法人献身会の徳島パートナーとして参加致しました。

地域包括ケアシステムとは、介護を要する状態になっても住み慣れた地で自分らしい人生を最後まで続けられるように住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される街づくりを目指しています。

 

ランチョンセミナー
特別講演 平成医療福祉グループ 武久 洋三様

本日の講演は午前中に、教育講義Ⅰ「徳島県の地域包括ケアシステムの深化・推進」 徳島県保健福祉部 次長(医師) 鎌村 好孝様、教育講演 Ⅱ「認知症高齢者の自動車運転」徳島県作業療法士会 会長 岩佐 英志様が講演された。

シンポジウムでは「美馬市木屋平地区の取組み」座長 徳島県保健福祉部 次長鎌村 好孝様、美馬市国保木屋平診療所 所長 藤原 真治様、 NPO 法人こやだいら 代表阿部 義則様が講演された。

また、ランチョンセミナーとして「リハビリテーション栄養とサルコペニア」横浜市立大学 若林 秀隆「食べる力とは」徳島大学大学院 教授 市川 哲雄様のセミナーがありました。

午後には特別講演として「徳島県における医療・介護の近未来図」として平成医療福祉グループ 代表武久 洋三様から講演されました。

ポスターセッションとして38演題中,以下の3題が優秀演題ポスターとして表彰されました。

1.「入院医療機関における在宅医療への移行実践の一考察
~在宅医療への移行を実現するための支援の整理~」地方独立行政法人徳島県鳴門病院地域医療連携室/医療福祉相談室MSW 郡章人、井村洋平、服部百恵、林春菜、看護師 溝渕理恵子、楠本和美

2.「地域包括ケアにおけるCSV(社会的共通価値の創造)報告:吉野川市での阿波踊り体操を導入ツールとした展開」田村英司、柿本直子、住友祐介、土橋孝之、浅野 登、高田信二郎、後藤田志穂

3.「『転倒経験』『転倒恐怖感』と社会参加に係わる調査から」下地康広、土井大介、日浅拓也、中村孝史、八木朋美、井上美奈、三谷尚平、稲次正敬、湊 省 ,稲次 圭,稲次美樹子 ,高田信二郎,森脇 笙,森脇好乃美

 

第2回徳島地域包括支援システム学会 
情報交換会
第2回徳島地域包括支援システム学会
第2回徳島地域包括支援システム学会 大学病院から望む市内

当日の夕方に情報交換会が徳島大学病院西当11階レストランSORAで開催され交流されました。

>>第2回徳島県地域包括支援システム学会 学術集会プログラム・抄録集

>>徳島県地域包括ケアシステム学会 ホームページ

>>第2回徳島県地域包括ケアシステム学会学術集会 優秀演題ポスター

 

献身会セミナー「後見人と身元保証」を鳴門市で開催いたしました

10月26日に鳴門市文化会館で当社がパートナーである一般社団法人献身会のセミナー「後見人と身元保証」を開催いたしました。本セミナーでは鳴門市の地域包括支援センター、ケアマネージャー、ソーシャルワーカーの方々に参加頂きました。

現在全国で少子、未婚化が進み保証人になる家族がいない高齢者が急増しており、身元保証人がいないことを理由に介護施設や病院への入所、入院を断られる場合あります。これは施設として、もしもの時の緊急連絡先や入院費、利用料の滞納があった場合の支払いを確保したいという事情があります。本セミナーではそういった高齢者の方々が安心して暮らせるような支援をテーマに開催いたしました。

 

献身会セミナー 鳴門市
鳴門市献身会セミナー様子

 

>>>社団法人献身会 ホームページ

関連するブログ

>>blog 高齢者の身元保証について

 

高齢者の身元保証について

株式会社トクスイは地域コミュニティ支援として、地域の課題解決のために高齢者及び障害者の身元保証事業を行っています。

◆地域コミュニティ支援

近年は少子高齢化や核家族化が進むと同時に人間関係が希薄になっており、徳島県においても高齢者の身元保証が重要になっています。

高齢者の方が病院に入院したり、施設や賃貸住宅に入居する際に、多くの場合「身元保証人」「身元引受人」が必要となりますが、様々なご事情により、身元保証人等を立てることができないといったケースが増えています。
このような問題を解決するために、弊社は一般社団法人献身会の徳島県・淡路島エリアのパートナーとして、高齢者の方の身元保証を引き受け、ご家族に代わりサポートを行っております。

◆献身会について

献身会は、高齢者及び障害者の福祉の増進を図ることを目的とし、次の事業を行っております。

献身会 事業内容

当会は法人による身元保証人として、常に中立性を保ちながら、福祉・医療・行政関係者、及び各種専門家・法律家と協力し高齢者・障害者の方をサポートすることを使命としています。

◆身元保証が必要となる場合

身元保証が必要となる場合

◆支援内容について

身元保証人は緊急連絡先の受託、入退院または入居退去時に必要な手続きの支援、日常生活における手続きの支援、医療費の精算事務等に対応いたします。

【入居保証】

・入居時の身元保証人及び連帯保証人(金銭保証)の受託、緊急連絡先の受託
その他、入居契約内容等に応じて個別対応協議
・金銭保証⇒家賃又は利用料、食費、その他サービス利用料等

【入院保証】

・入院時の身元保証人の受託、緊急連絡先の受託、医療費精算代行等
・金銭保証⇒入院費用及び入院に伴う医療費

【見守り】

・1~2ヶ月に一回の定期的なご訪問、無料電話相談

【臨時対応】

・万が一の緊急時を含み、医療機関、施設等、行政、その他の業者等の手続きの対応が必要で、実際に当会担当者が現地へ出向き処理をした場合。
書類整理、日常生活でのご相談、各種お付添い、各種手続き・申請代行、その他支払い代行、入居先の選定支援など

【死後事務委任契約】

会員様がご入会中にお亡くなりになられた場合、遺品整理やその他の事務等が必要になります。これらの処理を行う適切な方がおられない場合に、当会と別途委任で備えていただくものです。

ininjimu

【法的な対処が必要な手続きの支援】 

成年後見制度の利用支援、相続・遺言書作成、消費者問題など。

※別途、委任契約・各種専門家費用・実費等が必要な場合があります。
※随時、ご相談は無料。

★専門的なご相談や手続き支援については、当会専属の法律系国家資格者が対応しますのでご安心ください。

◆費用について 【基本契約

1.本会員(高齢者住宅、有料老人ホーム、その他の施設等への入居の方)

fee1

2.在宅会員(在宅の方)

fee2

※入院保証について…入院中または入院が決まっている場合は身元保証一時金48,000円が別途必要です。
生活保護受給の方は費用が異なります。(分割対応可)詳細はお問い合わせください。

3.臨時対応(すべての会員様)

対応した場合の費用 2,500円(税別)~/ 1回対応あたり(原則2時間まで) ※交通費別途必要

4.死後事務委任契約(死後事務が必要な方)

事務手数料 ⇒ 25,000円(税別)

実費預り金の目安

・残置物整理、現状回復費 ⇒ 30,000円〜50,000円 (税別)(在宅除く)
・葬儀、火葬料 ⇒ 200,000円 (税別)(直葬)
・納骨冥加料  ⇒ 20,000円 (税別)(当会指定の場合)

※葬儀業者や納骨先を指定される場合は、取次手数料50,000円(税込)が必要です。
※遺留金品等の引渡し先が不明な場合は、相続人調査費25,000円が必要です。
※その他、委任する内容によって、実費預り金が必要な場合があります。(別途見積り)

◆安心の保証スキーム

献身会は、(株)イントラスト社(東証マザーズ上場:証券コード7191)との再保証契約によって金銭保証リスクを軽減する業界初の身元保証会社です。

scheme

◆ご入会条件

入会条件

◆ご契約までの流れ

ご契約までの流れ

※ご契約の際、必要書類を確認した結果、申込依頼書に虚偽の事実があることが判明した場合は、ご契約できませんのであらかじめご了承ください。
※ご契約に必要な書類は、別途お知らせ致します。

>>平成29年19日に献身会セミナー「後見人と身元保証」を鳴門市で開催いたしました開催いたしました


気軽に相談ください!

株式会社トクスイ
771-0142徳島市川内町沖島84番地

tel 088-665-4580

受付時間:平日9:00-17:00
(担当者:滝本)

一般社団法人献身会